松坂屋VARIA
0
     
    z
      主催:松坂屋名古屋店、NAGOYA ART FAIR実行委員会
      
    共催:中日新聞社、テレビ愛知

    2011年9/8(木)〜9/11(日) 
    午前10時〜午後7時30分 *最終日は午後6時閉場
    入場料(税込):一般800円、学生500円 (小学生以下無料)
    松坂屋名古屋店 南館8階 マツザカヤホール 
    TEL052-264-3383 美術画廊
    http://interior-art.weblogs.jp/blog/varia/


    ギャラリーIDFの研修として、
    今回も参加させてもらったBARIAアートフェアは
    現代アートって何?と思っている一般の方達もけっこう来てくれたと思います。
    いろいろ純粋な話がいっぱい出来て本当に楽しかったです!!!
    名古屋の芸術の活動がこれからも賑やかに、
    もっともっといっぱい出来たら嬉しいなあ〜★

    m

    n

    b

    v

    c

    x

    posted by: fifoarts | Contemporary Art | 20:07 | - | trackbacks(0) | - |
    アート名古屋2011/ ホテル名古屋キャッスル
    0
       bhttp://www.artnagoya.jp/

      g

      h

      j

      l

      f

      k

      s

      a

      m

      z

      posted by: fifoarts | Contemporary Art | 12:27 | - | trackbacks(0) | - |
      29th KOREA GALLERIES ART FAIR
      0
        k
        29th KOREA GALLERIES ART FAIRが
        2011年2月11日から14日まで
        韓国ソウルCOEX HallCにて行いました。
        広い会場で66ギャラリーの個性が分かりやすく設置されていたのが
        印象的でした。
        韓国の現代アートの力はやはり元気そのものでした。(笑)

        http://www.seoulartfair.net/

        2

        3

        1

        10

        9

        8

        6

        7
        posted by: fifoarts | Contemporary Art | 18:37 | - | trackbacks(0) | - |
        釜山ビエンナーレー韓国
        0
           ビエンナーレは2年に一回行う国際芸術祭です。
          釜山は名古屋と同じように芸術活動を黙々している
          アーティストが沢山集まっています。
          韓国はソウルのほうが集中的に活動していたけれど、
          どんどん全国化されて進行しているようです。

          今回のテーマは「Living in Evolution」−進化への命です。
          期間2010年9月11日〜11月20日
          http://2010.busanbiennale.org/

          1

          ↓大学時代の先輩の写真がありました!
          ビエンナーレ招待作家として10月30日韓国釜山市立美術官で
          アートトークを行ったようです。

          作品「独身者のベット」について、シン ムギョンさん
          1



          posted by: fifoarts | Contemporary Art | 15:29 | - | trackbacks(0) | - |
          愛知トリエンナーレ
          0

            あいちトリエンナーレは自分にとって思い出になる芸術祭です。
            「FINGER FORUM」=fifoartsのオープンもトリエンナーレの熱気を
            そのまま生かすために11月3日文化の日にしたのです!
            前の会社でいろんなアート展示企画に参加した時も、若手アーティストたちと
            トリエンナーレについて熱く語りました。(笑)
            オープニングレセップションにも参加できてとても嬉しかったです。
            10月30日、アンヌ・テレサ・ドゥ・ケースマイケル+ジェローム・ベル+アンサンブル・
            イクトゥスの 『3Abschiedドライアップシート(3つの別れ)』【日本初演】は
            難しく思われているパフォーミング・アーツを解説をしながら進行して印象的でした。
            また、3年後愛知でトリエンナーレが開催することを祈りながら、
            その時は是非ギャラリー「FINGER FORUM」も活躍できるように
            頑張りたいと思っています。

            http://aichitriennale.jp

            愛知トリエンナーレとは
            都市とアートが響き合う、3年に一度の国際芸術祭。
            現代美術と舞台公演、世界の最先端が集結します。
            企画概要
            ・国内外から多数の作家が参加する現代美術の国際展のほか、若手作家等を対象とした
             企画コンペによる展覧会を開催します。
            ・ダンス、音楽、演劇等の舞台芸術と先鋭的な美術表現が一体化した公演を行います。
            ・先鋭的なコンテンポラリーダンスや、斬新なプロデュースオペラを行うほか、事業者等と連携した
             バレエ、コンサート等の公演を行います。
            ・出品作家や実演家等による作品制作・実演指導等のワークショップを行います。
            ・祝祭的なにぎわいや盛り上げを図るイベントを行うとともに、公募による地元芸術文化団体等と
             連携した公演等を行います。

            1

            2

            3

            4

            5

            posted by: fifoarts | Contemporary Art | 14:33 | - | trackbacks(0) | - |