JIM DINE
4
 z

http://www.nagoya-boston.or.jp/jimdine/index.html

x

1

ウィキペディア日本語版

ポップアートの誕生
[編集]

1962年、ダインの作品は、ロイ・リキテンスタインアンディ・ウォーホル
ロバート・ダウド(Robert Dowd)、フィリップ・ヘファートン(Phillip Hefferton)、
ジョー・グッド(Joe Goode)、エド・ルシェウェイン・ティーボーWayne Thiebaud
の作品とともに、ウォルター・ホップス(Walter Hopps)が主事を務めた歴史的に
重要かつ草分けとなるパサディナ美術館での「New Painting of Common Objects」展
New Painting of Common Objects)に出品された。
この展覧会は歴史的にアメリカ合衆国で最初のポップアート展覧会の1つと考えられている。
社会的不安の時期にこうした美術家たちがアメリカと美術界に衝撃を与え、モダンアートを
永遠のもの、つまりポップアートに変える運動をスタートさせた。

1960年代初期、ダインは日常生活のアイテムでポップアートを作った。
それらは批評家的のみならず商業的な成功ももたらしたが、ダインはそれに満足しなかった。
1967年、ダインは美術商ロバート・フレイザーRobert Fraser)の支援するロンドンに移り、
そこで4年かけて自分のアートを発展させた。
1971年、ダインはアメリカ合衆国に帰国するといくつかの素描のシリーズに集中した。
1980年代には彫刻がダイン作品の中心になった。
以降、ダインの作品は人工的なオブジェから自然なものにシフトしていった。

ロック・ミュージカルヘアー』の作者である
ジェームズ・ラドジェローム・ラグニと共作)によると、
『ヘアー』というタイトルはダインの『Hair』という作品から名付けられたという。

1984年ミネソタ州ミネアポリスウォーカー・アート・センターで、
「Jim Dine: Five Themes」というダインの展覧会が催された。
1989年にはミネアポリス美術館が「Jim Dine Drawings: 1973-1987」を主宰した。

2000年以降 [編集]

2004年ワシントンナショナル・ギャラリー
「Drawings of Jim Dine」という展覧会を催した。
2007年夏、ダインはシカゴパブリックアート展覧会
Cool Globes: Hot Ideas for a Cooler Planet」に参加した。
「私にとって素描がすべてだ。なぜなら、それはすべてを知らせる。
私の詩さえ知らせる。それが私がすべてを始める方法だ」[1]

k ピノキオ・アート [編集]
2008年5月16日、ダインの新作が発表された。
スウェーデンボロースに展示された、『Walking to Borås』という題の、
歩く
ピノキオを描いた9mのブロンズ像である[2]
ダインは前もってピノキオに焦点を絞った商業本、絵画、彫刻を出していた。
ダインはこう感じているようだ。「少年になる喋る材木という概念は、
美術のメタファーのようなもので、それは究極の錬金術的変身だ」[1]

                                                       

posted by: fifoarts | Artist introduce | 11:50 | - | trackbacks(0) | - |
Bill Viola,1951~/The Lovers(8'23")
0
     Bill Violaの作品は
    誕生、生、死など人間の一般的な経験へポイントをおいた作品が
    多いビデオアーティストである。
    mideaという機会の完璧な理解の上で作られる
    彼の作品は完成度がかなり高い。
    今回紹介したいBill ViolaのThe Loversは
    とても美しくてスピド感がある映像作品である。
    韓国釜山市立美術館に所長されている。



    posted by: fifoarts | Artist introduce | 15:20 | - | trackbacks(0) | - |
    パク スンモ作家のアトリエ
    0
       大学の時代の先輩です。
      アルミニウム線の材料の特徴を生かした作品を作っているアーティストです〜
      現在ファッションデザインなどいろんな分野で活動をしています。

      1

      3

      2

      2

      1
      posted by: fifoarts | Artist introduce | 15:01 | - | trackbacks(0) | - |
      HOYAの製作をしている姿
      0
         ギャラリーFINGER FORUMの第一企画展招待作家
        HOYAのアトリエです。
        韓国で4月に個展の準備している姿が素敵でした。

        http://blog.naver.com/B.C.HoYa

        3
        posted by: fifoarts | Artist introduce | 15:49 | - | trackbacks(0) | - |
        Ha. Jong-Woo/ 韓国
        0
           2011年2月13日
          韓国の彫刻家ハゾンウさんの
          アトリエを訪問しました。↓のブログを参考してください〜
          http://blog.naver.com/neophyter

          作家ハゾンウさんのアートは
          誰でもわかるような世界の有名人達のキャラックタを通して
          世間の話題とか事件など彼らの言葉で聞いて見たいという
          作家の想像の世界つまり、イメージコミュニケーションがテーマです。
          彼の作品の前に立ているととにかく微笑みます。


          2

          1
          posted by: fifoarts | Artist introduce | 14:40 | - | trackbacks(0) | - |
          作家HOYA
          0
             ギャラリーFINGER FORUMの
            招待アーティストHOYAの作品もありました。
            韓国ギャラリーARTSPACEの作家として
            参加しているようです。
            そして
            グムサンギャラリーにも
            大学時代の先輩パクスンモさんの作品が展示されていました。
            久しぶりの韓国でしたが、頑張っている先輩たちのおかげで、
            感動と勇気をもらいました。
            これからもずっと応援したいと思いました。

            12

            5

            4

                            作家HOYAの展示場とHOYA本人

            11
              
                               作家パクスンモさんの作品

            posted by: fifoarts | Artist introduce | 19:01 | - | trackbacks(0) | - |
            大石厳「美しい日々、そして私達」
            0
               ギャラリー『FINGER FORUM』では
              来年6月に大石厳さんの「人形展」を企画しております。
              愛知県立芸術大学を卒業して、ずっと構想画をメインに作家活動を
              しています。

              彼の作品には芸術家ならでの素朴さと美しさを感じます。
              楽しみにしていてください。

              今回は大石厳さんの活動の一部である、
              肖像画(人物・ペットなど)について紹介したいと思います。
              「思い出を残したい〜愛する気持ちを記録したい〜」
              その方々の希望に適当な作品を描いてもらえます。

              ・鉛筆デッサン 40*35 ¥40.000〜
              ・パステル     40*35 ¥70.000〜
              ・油絵        F 10号   ¥150.000〜

              ご希望の方は
              ギャラリー「FINGER FORUM」
              info@fifoarts.com
              052-777-0600
              に気軽に連絡して下さい。
              宜しくお願いします。
                 
              2

              1
              posted by: fifoarts | Artist introduce | 14:11 | - | trackbacks(0) | - |
              HO YA / korea
              0

                 http://blog.naver.com/hoyabc

                私の代弁人である同時にEGOである「Aliea Bae」を通じて、新しい表現方式を試して見ようとする。
                Aliea Bae」展示での概念は、代弁人と言うのに置き換えられる。存在しない生命体を作り出しながら
                想像の中の真実と答えを探そうとする。そして現実の一段面が重畳された秩序なら、このような秩序から
                抜け出そうとするでしょう。
                方向性を失ってる現実の空気に新鮮さを与えてくれる何かが必要だ・・・
                よく言う「多様なことの共存」からいつ自由になるのであろうか?
                このようなことでさえ時代的規定になるのであろうか?
                全部面倒くさい。嫌だ。
                1


                 
                物狂いのように踊る。

                 
                私は自由人だ。でも私は病的人間だ。

                私は私自身に嫌気をさしてしまった。それこそ退屈になったのだ。
                私は皮肉な人間になろうとしたが、
                みすぼらしくなった。私の背が私を押してるし、ひどくも認識された精神状態も忠告を要している。

                大様な人間よ!!

                心よりあなたへの祝福を祈り、白髪になるまで末永くひどい臭いを漂わせよ。

                一言で私は恐ろしくも自負心が強いやつだ。率直に言って口がすっぱくなるほど、
                まくし立てたい。とにかく私が話そうとするのはくさい臭い漂う溝のような私の精神世界だ。

                誰かがそう言っていた。何事も考えようだと。いや、あなたの精神を他人がわからないからこそ、
                あなたが楽しむことができるのだと。このような考えは生活の退屈からだ。他姓に圧倒されるからだ。
                実は私の意識も私自身の意識を調節できないからだ。何だろうか、一言で言うと私の意識で
                最も適合な心理状態を表現しようとするが、私の中の又ほかの私が自分勝手に物狂いのように
                踊ってしまったら、これも私の馬鹿さを見せてくれるのではないかと思う。とにかく私は息をしているし、
                希望を持っている。だからこそ図々しく生意気に私の世界を見せようと思うのでしょう。

                                                                                                                                                    hoya story


                2

                私がこの世に生まれたたった一つの理由 


                「作家は今回の個人店を通じて大きく3つの主題を持って作品を見せてくれる。
                一つ目は理想的社会の美徳である共存のために、あらゆる思いやりが現実世界で押されてる姿を
                シャムの姿をした人物と、群像を通じて見せてくれる。二つ目は作家の自画像を変形させ表現した。
                最後に作家はシャムの双子の存在が、現実世界で受け入れられることができない以上の事だけという
                のを認めて、他の二つの世界の境界を仕分けすることにする。

                 

                3

                作家はシャムの双子を通じて、社会の構成員達が持たなければならない美徳を
                持っての思いやりである自身の主張を、理想的な共存の能力である目と耳を
                お互いに向かうのを発見したし、そういう理想的関係やらをどこかに追い払って
                受け入れない世界の中に、人物と群像の歩みと背を向けた身振りで表現する。

                 

                作品「木の人間」は作家の正体性に関する悩みを見せてくれる作品だ。
                気の力強い下の部分は強い生命力を見せてくれるし、貧弱な枝はまだ積極的に
                世の中に自分自身を現す時ではなかったことを暗示するようだ。
                そして他の作品の羽を閉まった人間からも、時を待った姿の象徴が見えるようだ。
                羽は体に比べて小さく手はお互い剥くのを立ちこめたまま、両足を抱いている。
                まるで見えない皮の中にうずくまったまま孵化を待つ子鳥の姿だ。

                 

                これら二つの作品は共通的に「待ち望み」と言う象徴を持っているが、
                哲学者ハイデッカーによれば
                使役でひいては使役により導かれたまま、
                使役に属している気に止めない内任せ
                が「待ち望み」だと言う。拒否することが
                できない力によって引き受けたことがあるというのを漠然に知っているし、
                そうするようになるであろうと言うことがわかる。物の執着を捨てた<任せ>はまるで
                宗教的省察の過程と見える。最後に作家は、もう新しい世界に入ろうとする。
                門は境界に置かれていて境界は他の世界と接している。三つの作品で
                成り立つ門の構造を一作品で作家はやっぱり人物たちを後面、あるいは側面で描いている。
                しかし他の画幅の群像とは違い、今回はやや閉鎖的である。
                その理由は絵のフレームが門の横造をしてるからである。
                そのおかげで背を向けた人物たちの向かった所が境界の向こうになって人物たちの色合い、
                明暗が大きい二つに対比されて描かれたことも他の二つの世界の仕分けを
                作家が認めることになったということを意味する。」

                                                                                                                                文ーCho Soyoung

                posted by: fifoarts | Artist introduce | 23:05 | - | trackbacks(0) | - |