JIM DINE
4
 z

http://www.nagoya-boston.or.jp/jimdine/index.html

x

1

ウィキペディア日本語版

ポップアートの誕生
[編集]

1962年、ダインの作品は、ロイ・リキテンスタインアンディ・ウォーホル
ロバート・ダウド(Robert Dowd)、フィリップ・ヘファートン(Phillip Hefferton)、
ジョー・グッド(Joe Goode)、エド・ルシェウェイン・ティーボーWayne Thiebaud
の作品とともに、ウォルター・ホップス(Walter Hopps)が主事を務めた歴史的に
重要かつ草分けとなるパサディナ美術館での「New Painting of Common Objects」展
New Painting of Common Objects)に出品された。
この展覧会は歴史的にアメリカ合衆国で最初のポップアート展覧会の1つと考えられている。
社会的不安の時期にこうした美術家たちがアメリカと美術界に衝撃を与え、モダンアートを
永遠のもの、つまりポップアートに変える運動をスタートさせた。

1960年代初期、ダインは日常生活のアイテムでポップアートを作った。
それらは批評家的のみならず商業的な成功ももたらしたが、ダインはそれに満足しなかった。
1967年、ダインは美術商ロバート・フレイザーRobert Fraser)の支援するロンドンに移り、
そこで4年かけて自分のアートを発展させた。
1971年、ダインはアメリカ合衆国に帰国するといくつかの素描のシリーズに集中した。
1980年代には彫刻がダイン作品の中心になった。
以降、ダインの作品は人工的なオブジェから自然なものにシフトしていった。

ロック・ミュージカルヘアー』の作者である
ジェームズ・ラドジェローム・ラグニと共作)によると、
『ヘアー』というタイトルはダインの『Hair』という作品から名付けられたという。

1984年ミネソタ州ミネアポリスウォーカー・アート・センターで、
「Jim Dine: Five Themes」というダインの展覧会が催された。
1989年にはミネアポリス美術館が「Jim Dine Drawings: 1973-1987」を主宰した。

2000年以降 [編集]

2004年ワシントンナショナル・ギャラリー
「Drawings of Jim Dine」という展覧会を催した。
2007年夏、ダインはシカゴパブリックアート展覧会
Cool Globes: Hot Ideas for a Cooler Planet」に参加した。
「私にとって素描がすべてだ。なぜなら、それはすべてを知らせる。
私の詩さえ知らせる。それが私がすべてを始める方法だ」[1]

k ピノキオ・アート [編集]
2008年5月16日、ダインの新作が発表された。
スウェーデンボロースに展示された、『Walking to Borås』という題の、
歩く
ピノキオを描いた9mのブロンズ像である[2]
ダインは前もってピノキオに焦点を絞った商業本、絵画、彫刻を出していた。
ダインはこう感じているようだ。「少年になる喋る材木という概念は、
美術のメタファーのようなもので、それは究極の錬金術的変身だ」[1]

                                                       

posted by: fifoarts | Artist introduce | 11:50 | - | trackbacks(0) | - |
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック