こどもアート研究室講座1
0
    日程:2011年 10月1日(金) 


    今回の講座は、片山一葉さんの「今の自分のかたち」という講座です。

    自分の体のかたちを使って、等身大の自分の姿の絵を描きます。

    まず、絵を描く前に、いろいろなポーズをとってみます。

    嬉しい時のポーズ、疲れたときのポーズ、などなど
    ポーズで気持ちが表現できます。

    k

    j

    次に、その中から、自分が一番気に入ったポーズをひとつ選んで、

    大きな紙の上に寝転んで形を写していきます。

    体の輪郭を線でなぞると、それだけでリアルな姿になっていきます。

    彼は座っている姿を選んだので、椅子の形もに写します。

    輪郭線ができたら、絵の具を使って、中に色を塗っていきます。


    l

    9

    今回の色の塗り方は、ただ色を塗るのではなく、
    自分の体に絵の具を塗って、スタンプしていくという方法です!

    まずは手から

    手に絵の具をたっぷり塗って、紙の上に乗せてみると、みごとに形がつきました!

    色を混ぜてもきれいです。

    同じ手を使ったスタンプでも、手のひら、手の甲、指など使う場所が違えば

    いろいろな形ができます。

    水の量を変えるとまた違った味のスタンプになります。

    水が多いと「グラデーション」が出来たり、少ないと形がくっきりと写ったり


    10

    手の形を楽しんだあとは、足も使ってみます。

    足に筆で絵の具を塗る感触が、なんとも気持ちいい!

    足に絵の具を塗って、絵の上を歩いたり、色々な動きをしてみます。

    12

    6

    5


    一通り色が塗れたところで、一度絵を離れて見てみます。

    近くで描いている時とは違って客観的に見られるので、
    次にどうするかを決めます。

    今の絵を見てどう思う?

    どこにどんな形がほしい?

    次に使う色はどんな色がいい?

    次の行動が決まったら、また描いていきます。

    今度は両手両足に色を塗ってみたり、使っていない色を使ってみたり、

    まだまだ新しいことがたくさんできます。

    そろそろ完成に近づいてきたので、

    また離れて見て、チェックします。

    11

    そのあとは目立たせたいところをなぞったり、小さな形を足したり、

    仕上げの作業です。

    7


    それが終わったら、自分の絵に「〜の自分」という名前をつけます!

    この作品は、「休んでいる自分」だそうです。

    体の大きさ、手足の大きさ、自分の気分

    14

    13
                             タイトル:休んでる自分

    「今の自分」がつまった作品なので、

    何年か経ってから見てみると、
    とても面白いのではないかと思います。

    大きな作品でしたが、全身を使ってがんばって制作しました!

    お疲れさまでした。


    今日の講座のポイント

    ・身近なもの(自分の体)から面白い形を見つける

    ・「いま」の自分の姿の確認(身長、手の大きさ、足の大きさ

    ・色について

     「グラデーション」

     「蛍光色」

     色の組み合わせを判断する

    ・客観的に判断するために、離れて作品を見る

     

    今日の講座のポイント(9/23

    ・「マインドマップ」頭の整理、考えていることを図にする

    ・要素を目立たせる色や形の使い方

    ・人に自分のことを説明する、話す

    posted by: fifoarts | こどもアート研究室 | 11:52 | - | trackbacks(0) | - |
    この記事のトラックバックURL
    http://blog.fifoarts.com/trackback/79
    トラックバック